Kling AI 使い方 何ができるの?

スポンサーリンク
AIニュース

KlingAIとは動画の生成ができるツールになります。
中国の企業がトップクラスのクオリティで生成AIを作ってることがわかりました。

無料で生成できるのはもちろんのこと、最大2分までの動画を出力できちゃいます!

ハイクオリティー動画

以下がAIで作成された動画になります。

 

クオリティ高すぎませんか?!

プロンプトに指示を出しただけで動画が作れちゃう便利な世の中になってきてる・・・

実際に僕も作ってみたくて、Klingのサイトから登録をしようとしたんですが、
今は中国の番号を持ってないと登録ができならしく、生成AIで動画を作ることは出来ませんでした。

 

Kling 登録方法(途中まで)

途中までにはなりますが登録方法の流れを解説します。
日本でも対応になった時の参考にしていただければと思います。

まずサイトにアクセス
Kling公式サイト

 

パンダがギターを弾いいてる画像をクリック

 

もう一度ギターを弾いいてるパンダの画像をクリック

 

何書いてるかわかんないですが、利用目的を聴かれてると思うのでとりあえず調べて選択。

 

 

職業を聞かれてると推測。学生だけわかるが他はわかんない。とりあえず調べて選択。

 

携帯番号の登録画面です。

中国の番号を持ってないとこの画面から進むことができません。

 

Kling 今は使えないけど

Klingではすぐに使うことができないが、生成AIの画像が流行ってる中でハイクオリティな長時間の動画をAIで作れるような技術を持った企業が参入してくること間違い無いと思われます。

今後のAI業界に期待です。

terupo

『このブログを書いてる人』
・ブログ歴6年目突入
・AI×効率化、アドセンス、アフィリエイトを活用した収益方法を解説
・インスタもやってるので遊びにきてね!

terupoをフォローする
AIニュースAI活用術
スポンサーリンク
terupoをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました