スマホ中毒 治療の前に治す始めの1歩

スマホ操作

ご覧いただきありがとうございます

今回ご紹介する内容は「スマホ中毒」について

やばくなる前に始めたい内容を記載していきます。

 

ここで問題です!

Q.スマホユーザーが1日利用するスマホの時間は何時間でしょうか?

スマホっていつでも見れるよね。

移動時間やご飯食べてる時間や暇な時など

わかったかな?

A.3時間46分です

え?意外と少なくない??

私はどれだけ使ってるか見たんやけど・・・

 

約7時間(テヘペロ)

みなさんどれぐらい?

スマホを起動して1番右側にスワイプしたら見れるよ。

 

スポンサーリンク

スマホ中毒は何時間から?

スマホ中毒は何時間から言われるのか調べました

結果は、使い方や状況にもよるため一概には言えないと調べた中で結論付けました。

一応、全体の3割以上が4時間以上スマホを触っている事が載っていたので4時間以上使う場合はスマホ中毒になってたり、危険性があると考えたほうがいいかもね。

私も対象なんだけどね?

スマホの使いすぎは時間を浪費するだけでなく、睡眠にも悪影響なので怖いよね。

因みに今回紹介するスマホ中毒を治す1歩目ではスマホの操作を強制終了できます。

私が実践した結果は下記の平均値になりました

 

約1時間削減する事ができました。

1時間だけかよ?って思った方

貴重な1時間がスマホ以外の時間に使えるのだよ!

素晴らしい事でしょ?

 

さて、実際に私も実践した方法を解説していきます

 

スマホ中毒矯正手段

スクリーンタイムの設定をする

スクリーンタイムの設定ではスマホの制限とSNSの時間制限の2種類を紹介していきます

設定方法を見ていきましょう

スマホ制限

画面をタップしても画面が立ち上がらない状態にする

STEP①

設定アプリを開く

スクリーンタイムをタップ

 

 

STEP②

休止時間をタップ

 

 

STEP③

休止時間の時間帯を設定しましょう

緊急を要する場合は解除などが可能です

基本的には寝る2時間前から起床する時間までを設定する事がおすすめです

 

 

SNSの時間制限

設定アプリを開き→スクリンタイムまでは一緒です

 

STEP①

App使用時間の制限をタップ

 

STEP②

1日あたりSNSを利用する時間を設定します

私はSNS関係は2時間に設定しています

 

 

上記の設定をする事で終了5分前にお知らせしてくれて、

SNSを見ていても2時間経った場合は強制終了してトップ画面に戻されます。

 

以上2種類の方法をご紹介させていただきました。

 

人間は平等に24時間しかないのでやらなければいけない事があるのにスマホを見て時間を無駄にしてしまった・・・って事が無いように少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました

それでは、また会う日まで〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました