スマホ(iphone) 充電長持ちさせる方法 3選

LINE裏技

ご覧いただきありがとうございます。

夏ですね〜

暑いとスマホが熱くなったり充電の消耗が早いと感じるのは私だけ??

充電の消耗が早いのは普段何気なくやっていることが原因かもしれません。

スマホの充電が少しでも長持ちする裏技3選を本日はご紹介していきます

早速みていきましょう

スポンサーリンク

充電長持ち方法3選

1選ずつ説明していきます。

AirDropがオンのまま

AirDropがオンのままだと無駄な充電の消耗に繋がっています。

スマホで音楽聴く人はこまめにチェックすることをお勧めします

AirDropのオンオフは簡単に変更が出来ます

 

上記画像の左下部分(AirDrop)と書いてるアイコンが青色になっていたらオンになっています

 

オフにするにはAirDropのアイコン部分を指でタップスレば簡単にオフにできます

同様にオンにするにはAirDropのアイコンをタップすればオンになります

 

位置情報がオンの状態

アプリをスマホにDLしている人がほとんどだと思いますが、位置情報を付けっ放しの人が多いです。

位置情報がオンだと常にスマホの充電が消耗状態になっています

 

お勧めはアプリの使用中のみ位置情報を許可する事をお勧めします

アプリが起動していない時は位置情報が自動でオフになっています。

変更方法は設定→App Storeで変更が可能です

もしくは、それぞれのアプリ(位置情報対応アプリ)を一般から開き変更が可能です

 

充電しながらスマホを触る

 

スマホを充電中に触ってしまうと充電している時間も長くなるし、消耗スピードも増えていきます。

これは充電しようとするスマホと反発した動きになるからです。

1番やってはいけない内容になります。

スマホを触るか充電するかはっきりさせましょう♪

 

以上3選を注意する事でスマホの消耗を多少は防げるようになります。

ぜひ試してみてね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました

今回はここまで〜

また会う日まで〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました