ChatGPTより優れてる?!ソフトバンク社×PerPlexityが戦略的提携を結んだ

スポンサーリンク
AIニュース

このサイトはアフィリエイト広告を使ってます。

2024年6月17日にソフトバンク社が生成AIを使った検索サービスを1年間無料で提供することを発表しました!

提携する生成AIは「Perplexity Pro(パープレキシティ・プロ)」(本来なら有料)になります。

本来なら「Perplexity Pro(パープレキシティ・プロ)」は1ヶ月約3000円ほど必要な生成AIであり、1年間無料提供できるソフトバンク社はすごい・・・

さて、本題に入ろうと思うがChatGPTが世界では有名な中でなぜPerPlexityを選んだのか。
ソフトバンク社がPerPlexityを選んだ理由は述べてません。あくまでChatGPTPerPlexityの違いになります。

ChatGPTとPerPlexityの違いをみていこうと思う。

 

ChatGPTとPerPlexityの違い

ChatGPTとPerPlexityの大きな違いは検索した時にどこを参照したのか出所がわかるかわからないかが大きな違い解いてるでしょう。

ChatGPTだと対話文や思考の面では優れていますが、どこからの情報かがわからないことが多いです。
一方で
PerPlexityは対話文はChatGPTに劣るものの最新の情報を扱えたり引用元を提示してくれます。

 

下記は実際にChatGPTとPerPlexityの違いを「PerPlexity」を使って検索した結果になります。

 

ーーーーーー

検索条件:perplexity chatgpt 違いを詳しく教えてください

PerplexityとChatGPTの違いについて、以下の点で詳しく説明します。

情報の新しさ

  • ChatGPT: 事前に収集・学習したデータを基に回答します。そのため、2021年までの情報しか扱うことができません
  • Perplexity: インターネットをリアルタイムで検索し、最新の情報を基に回答を生成します。これにより、時事問題や最新のトレンドに関する質問に強みを持っています

ソースの提示

  • ChatGPT: 回答の根拠が明確ではなく、どこから情報が抽出されたのかが不透明です。そのため、得られた情報が正しいかどうかを自身で再度検索して確かめる手間がかかります
  • Perplexity: 回答のソースが明記されており、リンクを踏むだけで情報の信憑性を容易に確認できます。これにより、確認コストを大幅に削減できます

対応できる質問範囲

  • ChatGPT: 事前にインプットされた情報やそこから推察できる内容で回答するため、情報に偏りが見られ、質問者の求めている答えが返ってこないことがあります
  • Perplexity: 即時にインターネット上から集めた情報を基に回答するため、幅広いジャンルや年代にまつわる質問に対応できます

日本語対応

  • ChatGPT: 比較的長い文章で自然な日本語の回答を生成します
  • Perplexity: 日本語の質問にも対応していますが、回答が英語になることがあり、機械翻訳を駆使しているため、たどたどしい日本語になることがあります

利便性と機能

  • ChatGPT: 高い応答精度と自然な表現、多言語対応、迅速な文字生成が特徴です。ただし、倫理的問題や情報の正確性、引用先の不明確さがデメリットです
  • Perplexity: Bingの検索機能を活用し、ログイン不要で簡単にアクセスできる利便性があります。また、回答に出典を明示し、最新の情報を基にした回答を提供します

これらの違いにより、用途やニーズに応じてどちらのツールを使用するかを選ぶことができます。

 

ーーーーーー

検索した結果の画面は以下になります。

ソース先もわかり、信憑性がある記事となってます。

 

Perplexity Proを無料で使うためにはどうしたらいいのか?

Perplexity Proを無料1年間無料で使う為には条件があります。

条件1

“ソフトバンク”“ワイモバイル”“LINEMO(ラインモ)”のスマホの契約が必要



条件2

2024年6月19日9時から申し込みをする必要がある

 

 

詳しい登録方法は公式HPにて確認できます!

SoftBank公式HP

おしまい♪

 

terupo

『このブログを書いてる人』
・ブログ歴6年目突入
・AI×効率化、アドセンス、アフィリエイトを活用した収益方法を解説
・インスタもやってるので遊びにきてね!

terupoをフォローする
AIニュースAI活用術
スポンサーリンク
terupoをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました